デジタルフォレンジックで最近多い事例をご紹介 – デジタル フォレンジック | forensic24 セキュリティ 証拠データ 不正アクセス 情報漏えい対策

実績 デジタルフォレンジック ITの最新技術 パソコン(PC) Mac サーフェス(Surface) 暗号化解除 パスワード解除

デジタルフォレンジックで最近多い事例をご紹介

投稿日:2021年11月26日 更新日:

最近問い合わせが多い事例をご紹介いたします。

フォレンジック調査依頼として最近増えてるのは「遺族が使用していたPC調査」です。

突然亡くなられたことにより、遺書が入っている可能性があるからPCにログインしたいが
パスワードがわからないため困っている

直前まで見ていたサイトなどがわかれば失踪先が特定できるかもしれない。

このように状況は様々ですが「遺族からのフォレンジック調査」が増えております。

フォレンジック調査を依頼する時の注意点

 

遺族からのフォレンジック調査依頼が増えていることをご紹介しましたが、
誰でも簡単にフォレンジック調査を依頼することができるわけではありません。

フォレンジック調査依頼をする時の注意点についてご説明いたします。

注意しなくてはいけない点は依頼する機器の所有者は誰なのかです。

法人であれば特に問題はありません。
所有者である法人であることを証明していただくだけでフォレンジック調査依頼をお受けいたします。

しかし個人依頼の場合は、簡単にフォレンジック調査依頼をお受けすることができません。

なぜ、個人の方からフォレンジック調査依頼を受けることができないのかですが、盗品や所有者から
許可をいただいていない可能性があるからです。

個人の方からのフォレンジック調査をお受けする場合は、弁護士など信用できる第三者から依頼をいただく必要があります。

フォレンジック調査事例①

遺族の方からフォレンジック調査依頼を受けた事例を紹介します。

生前に兄から大事な情報は全てこのノートPCの中に入っているので自分が亡くなる前にパスワードについて伝えると聞いていたが、パスワードを聞く前に兄が亡くなられてしまった。

遺書を残していたが、ノートPCの中にネットバンキングの情報など重要なデータは全て入っている
と書いていただけでパスワードについては書いていなかった。

弁護士と相談し、フォレンジック調査依頼をすることになった。

今回の事例では、ブラウザ上に残されたネットバンキングの情報が必要でした。
そのため、所謂データ復旧という方法ではネットバンキングの情報を取り出すことができません。

パスワードを解析しノートPCにログインする必要がありました。

結果、パスワード解析に成功し無事にログインできるようになりました。

フォレンジック調査事例②

別の遺族の方からフォレンジック調査依頼を受けた事例を紹介します。

突然旦那様が亡くなられた。
本当に突然だったため遺品整理をしているといつも使っているパソコンがあった。

旦那様は大事なデータは全てクラウドに保存していると生前おっしゃっていた。
クラウドって何だろうと思い、弁護士に相談したところインターネットを通してデータを保存できる場所であることを教えていただいた。

しかし、旦那様がどんなクラウドを利用していたのかがわからないため、旦那様が残した
データを見ることができない。

弁護士からパソコンをフォレンジック調査してもらえば利用していたクラウドがわかるかもしれないとアドバイスを受け、弁護士経由でフォレンジック調査依頼をしました。

今回の事例では、どんなクラウドサービスをご利用していたのかも不明のためインターネットの閲覧履歴の調査、削除されたメールの復元を実施しました。

インターネットの閲覧履歴からは複数のクラウドサービスを閲覧していたことがわかりました。
しかし、どのクラウドサービスと契約したかまでは判明しなかったため、
削除されたメールを復元し、クラウドサービスを契約した時のメールが見つかったことで、
利用していたクラウドサービスが判明しました。

フォレンジック調査でできること

2つの事例をご紹介しましたが、主にフォレンジック調査でできることは以下となります。

  • 証拠保全(証拠隠滅対策)
  • 削除データの復元・抽出
  • インターネット閲覧履歴
  • メール送受信調査(削除含む)
  • アプリケーション履歴調査(起動したソフトウェア)
  • USB接続履歴調査
  • パスワード解析(ログインパスワード・エクセルなどファイルにかけたパスワード)

データを完全消去された場合など対応できないケースもございます。

フォレンジック調査が必要な時はデジタルフォレンジック24へ!

今は、誰でもパソコンを所有している時代です。
突然持ち主が亡くなり、デジタル遺品となったパソコンにログインしたいけど
パスワードがわからない。

このようにデジタル遺品でお困りの時は、デジタルフォレンジック24へご相談ください。

フォレンジック調査はインターネットの閲覧履歴調査・パスワード解析・削除データの復元など

デジタルフォレンジックの技術を持つデータ復旧の専門業者に依頼することをおすすめします。



-実績, デジタルフォレンジック, ITの最新技術, パソコン(PC), Mac, サーフェス(Surface), 暗号化解除, パスワード解除
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

退職者にパソコンを初期化された!削除されたデータは復元できる?

不正行為をおこなった退職者は、証拠隠滅を図るために退職前にパソコンを初期化することがほとんどです。 初期化することでパソコン内のデ…

続きを読む

退職者によるデータ持ち出し?情報漏洩の対処方法とは?

  Contents1 情報漏洩は企業の身近なトラブル2 情報漏洩による損害賠償請求とは?3 情報漏洩のケースとは?3….

続きを読む

残業代の不当請求や残業時間改ざんの疑い!パソコンを調査するには?

正当な残業にはきちんと残業代が支払われるべきです。 しかし、そうではないケースも存在します。 正規の就業時間中にわざと仕事を完了さ…

続きを読む

「わたし、定時で帰ります」のあのシーンを検証してみた※勝手に変更されたPCのログインパスワード解除は出来るか?

Contents1 勝手にPCのパスワード変更されたら、どうしたら良いの??2 暗号化解除・パスワード解除ANKAI(アンカイ)は…

続きを読む

退職した社員がメールを削除していった本当の理由が怖い

Contents1 退職者が使用していたパソコンのメールを全て消していった。その理由…2 メールデータ(Outlook)を復旧させ…

続きを読む