フォレンジック調査-データの証拠・保全・復旧・解析|デジタルフォレンジック24

TOP | デジタルフォレンジックとは | サービス概要 | 初めての方 | サービスの流れ | 費用 | やり方・技術 | 事例 | 利用者の声 | 業者比較 | 業者選びの秘訣 | 資料ダウンロード

デジタルフォレンジック サービス

デジタルフォレンジックサービスでは、あらゆる観点から不正や証拠の調査解析を実施します。
調査内容としては大きく分けて以下のサービスがあります。

目次

削除されたメールデータ調査

メールデータ調査

社員や退職者が証拠隠滅の為に完全削除したメールを復元する技術です。
不正に利用していた可能性の高いパソコンを解析することで削除されたメールデータを復元し、

デジタルデータを証拠として抽出いたします。


大元のメールサーバからも消えてしまっているメールデータに関しても復元可能です。
企業からのメール調査の依頼では、不正により見られたくないデジタルデータが存在することが原因で

退職者が意図的にデータを削除してしまうインシデントが数多くあります。

また、現存の社員に不正の疑いがあることもあり、社内調査としてご依頼を受けることもあります。
顧客情報、個人情報等のデータベースや、技術情報、営業秘密情報等のドキュメントファイルをメールに添付して外部の企業に送信して情報漏洩させた疑いがあるというご相談や、中には他社や税理士と結託して不正取引をしている可能性があるといったご相談もありました。


それらの不正の証拠隠滅のためにメールデータを削除されていることが多々あります。
添付ファイルも合わせて復元が可能なため、どのような内容のデータが送受信されたかまで詳細に判明します。

送受信日時やCC・BCCに設定したメールアドレス等、詳細の情報まで調査することが可能

メールアドレスや特定のキーワードを検索し、必要情報が記載されたメールを特定することも可能です。また、デジタルフォレンジック専用機器にて解析するため、一般的なデータ復旧ソフトでは対応不可能な、OutlookやThunderbird等のメールデータが一つのプロファイルとして保存されるソフトウェアも解析対象として対応できます。

対応可能メールソフト:
・Microsoft Office Outlook
・Windows Live Mail
・Windows Mail
・Mozilla Thunderbird
・Mac Mail
・Becky! 等

意図的に削除されたデータ復元

意図的に削除されたデータ復元

メール以外でも意図的に削除されたデータの復元が可能です。
一般的なMicrosoft Officeのデータ(Word,Excel等)やPDF等をはじめ、ほぼ全てのデジタルデータに対応しています。
メール調査同様、こちらも企業での退職者の不正が原因で引き起こされるインシデントが多いです。
場合によっては調査対象であるPCを完全に初期化されてしまうこともあります。
会社所有物のPCであるにも関わらず無許可でデジタルデータを消す、PCを完全に初期化して返却するということは、

調査対象者が見られて不都合なデータがあるという証拠です。

調査対象者が信頼していた社員だったとしても、そういった事象が生じた場合はデータの復元を行い、経緯を調査することをおすすめします。
抽出したデジタルデータに関しては作成日時や更新日時毎にソート可能なため、復元された削除データがいつ作成・更新されたデータであるか確認することが可能です。
訴訟に発展した場合、

復元データや調査結果を証拠として使用することが可能です。

※法廷にそのまま提出出来ることを保証するものではありません。弁護士と活用方法をご相談ください

Webサイト閲覧履歴調査

Webサイト閲覧履歴調査

インターネットで閲覧したWebサイトの閲覧履歴を、意図的に削除されたものも含めて復元・調査いたします。
過去のご依頼では、定時後に業務に関係のないWebサイトを閲覧して残業代を不正受給している、業務時間中に私的な株取引を会社のPCで行っている可能性がある等のインシデントがあります。 また、外部のクラウドサービス等を経由して顧客情報を持ち出したというインシデントもありました。
実際にそれらがいつ行われていたか、

どんなWebサイトを閲覧していたか詳細に情報履歴の抽出が可能です。

抽出したURLの一覧をレポート化し、報告書として提出いたします。
Internet ExplorerやMicrosoft Edgeをはじめ、Google chromeやFirefox等、あらゆるブラウザソフトに対応しています。
WebサイトのURLやタイトル、閲覧日時の他、閲覧した回数まで確認することが可能です。
それらの情報を詳細に特定することで、残業時間の不正受給等の決定的な証拠になり得ます。


0120-703-392

▲ページトップへ戻る

PC起動・ソフト使用履歴調査

PC起動・ソフト使用履歴調査

PCの電源入り切りや、ソフトウェア・システム等の実行履歴を調査・解析いたします。
実行したソフトやファイル名の他、実行ファイルの場所(パス)まで一覧として抽出が可能です。
過去にあったインシデントとしては、外部ネットワークからの不正アクセスやサイバー攻撃により情報漏洩の疑いがある、退職者が会社に忍び込んでPCを操作した疑いがある等のご依頼がありました。
もし外部から不正アクセスの疑いがある場合、インストールした覚えのない不正なソフトウェアがメールや不正なサイトからサイバー攻撃を経由して

マルウェア等のウイルスを介して入り込み、起動されている可能性があります。

その場合は

ソフトウェアの実行履歴から不正なソフトウェアが動作しているか、またそのソフトウェア名を特定することが出来ます。

ソフトウェアの実行日時も確認出来るため、何を機にその事象が生じたか原因究明にも繋がるでしょう。原因を究明することで、今後同じことが起きないよう情報漏えいの脅威に向けた対策を講じることも出来ます。
また、他の事例では退職者が会社に忍び込んでPCを操作した疑いがあるというご依頼もありました。忍び込んだということは他の社員が不在でPCが起動していないはずの日時であったため、調査対象PCの起動履歴調査から実際に行われていたということが特定出来ています。

USB機器接続履歴調査

USB機器接続履歴調査

メール等を介してではなくPCに外付けHDDやSSD、USBメモリ等のデータ保存端末を接続してデータを抜き取った場合、フォレンジック調査でその機器が何であったか判明させることが可能です。USB端子に接続された外部デバイスに関する情報を調査・解析いたします。 無許可の外部機器を業務上で使用してはいけない等の社内規定を定めていた場合、機器を特定することで不正を追及できる可能性があります。
実際に

接続した機器名や接続日時等の情報が抽出可能です。

調査対象端末が何の機器であったのか、USBメモリ、外付けHDD、カードリーダー等の種類も特定することが出来、その他Lightningケーブルで接続したiPhone等あらゆる外部デバイスに対応しています。

PC等デジタル機器の保全化(クローン)

PC等のデジタル機器保全クローン

会社の内部監査や裁判に提出するための証拠として、HDDやSDDが搭載されたPC等のデータが保存されている端末を対象とし、セクタ単位でコピーして複製(クローン)を作製する、デジタルデータの証拠保全サービスです。
NASやサーバ等のHDDが複数台積まれた端末も対応が可能です。削除されたデータの痕跡等も含めて証拠保全されるため、後になって不正の疑い等が浮上してインシデント対応となった場合でも

当時の状況、環境のままフォレンジック調査・解析を行い証拠データを抽出

することが出来ます。データ消去やPC初期化等による不正の証拠をもみ消されることへの対策となります。
他の社員には知られたくない、秘密裏に行いたいという場合は、就業時間外に現地へお伺いしてその場で作業し、完全に元の環境に戻す緊急対応サービスも行っています。
また、不正調査のためだけでなく、故障の備えやPCの

高速化を目的としたSSD換装


等にもご利用いただけます。
故障の備えとしてのクローンのメリットとして、万が一元のHDDが故障してもクローンHDDをPCに接続することで起動が可能です。工作機械の制御等、特殊なシステムが入っていて代えが利かないPC等のシステムも含めたバックアップとして役立ちます。
万が一ウイルスに感染した場合もクローンに入れ替えることで感染前の環境に戻る為、セキュリテイ対策としても有効です。

暗号化・パスワード解除

暗号化・パスワード解除

暗号化されたPCや、パスワードが分からなくて開けないファイルのパスワードを解析するサービスです。エクセルやワード、PDFをはじめ、Zip等の圧縮ファイルやiTunesで取ったiPhoneのバックアップ等、幅広いデジタルデータに対応しています。
また、

Windowsのログインパスワード等を解除し、正常にログインできるようにすることも可能です。

最近多いご依頼として、亡くなったご家族のPCのログインパスワード解除があります。
家族経営の会社で経理関係を担当していた方のPCや、口座等の重要情報が全て入っていてパスワードを聞く前に突然亡くなってしまった等の事例があります。
デジタル遺品のパスワード解除でお困りの際はåお気軽にご相談ください。

上記以外のご要望で対応可能な場合もあります。
お客様のご要望に合わせた調査のプランを構築し、ご提案いたします。
複数の依頼事項や複数機器のデジタルフォレンジック調査をご依頼いただいた場合は、全ての調査内容を踏まえた結果を調査報告書にまとめて提出いたします。
デジタルフォレンジックの専門技術者が無料でヒアリングを行いますので、まずはお気軽に弊社までご相談ください。

▲ページトップへ戻る

0120-703-392

選ぶなら安心信頼の技術

一つでも多くの確かな証拠データを割り出すために、信頼の技術力を持った当社をお選びいただくことをおすすめいたします。

デジタルフォレンジック データ調査・証拠保全

デジタルフォレンジック24は
特急データ復旧ウィンゲットが運営しています

データ復旧の実績
累計60,000件
データ復旧専門10 年以上の経験で培った高度な技術と、信頼のサービスでお選びいただいております。出張サービスを業界内でもいち早くスタートさせ、お客様のニーズに合わせたサービスでご満足いただいております。
特急データ復旧ウィンゲット公式サイトはコチラ

HDD

オフィスは主要都市に6拠点
全国に受付窓口が185箇所あり

弊社は北海道(札幌)、東京都(秋葉原)、神奈川県(横浜)、愛知県(名古屋)、大阪府(梅田)、福岡県(博多)に6店舗がございます。
また弊社は受付窓口として全国に185箇所代理店がございます。
PCの調査で、どのようなことができるのかご不明点やご不安点を解決いたします。 お近くで相談されたいお客様は、ご予約のうえ、ご来店ください。

店頭では、デジタルフォレンジックのご相談を伺い、専門スタッフがお客様のご要望に合わせたサービスをご提案いたします。

店舗への来店が難しい地域の方々には、上記店舗へ機器を郵送していただく【郵送受付】も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。

全国の受付窓口

受付窓口 全国185拠点

メールで相談する

お客様区別
氏名
※必須
氏名
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
調査希望機器
(パソコン・USBメモリなど)
※必須

ご質問・ご依頼内容
(調査が必要な機器の状況・調査希望のパソコン台数・いつまでに調査してほしいかなどをお書きください)

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください

会社概要

社名 株式会社 リプラス
所在地 <東京本社オフィス>
東京都千代田区神田須田町2-7-3 VORT秋葉原ビル5F
<名古屋本社オフィス>
愛知県名古屋市中村区名駅2-38-2 オーキッドビル5階
<札幌オフィス>
北海道札幌市中央区南一条西10-4-167 小六第一ビル6F
<横浜オフィス>
神奈川県横浜市中区扇町1-1-25 キンガビル4F
<大阪オフィス>
大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル 7F
<福岡オフィス>
福岡県福岡市博多区博多駅南1-3-6 第3博多偕成ビル11階
創業 1999年
設立 2003年7月29日
資本金 1,000万円
社員 50名
事業内容 <データ復旧事業部>
データ復旧サービス ウィンゲット(WinGet)
クローンサービス
フォレンジックサービス
企業ネットワーク構築・指導

<クラウド事業部>
オンラインストレージサービス
スマートフォンアプリ企画・販売

<マーケティング事業部>
WEB制作・運営管理
クラウドソリューション企画・販売
公式サイト 関連サイト