残業代の不当請求や残業時間改ざんの疑い!パソコンを調査するには? – デジタル フォレンジック | forensic24 セキュリティ 証拠データ 不正アクセス 情報漏えい対策

実績 デジタルフォレンジック セキュリティ対策 データバックアップ バックアップ方法 ハードディスク(HDD) パソコン(PC) Mac サーフェス(Surface) データ保全

残業代の不当請求や残業時間改ざんの疑い!パソコンを調査するには?

投稿日:2020年10月27日 更新日:

正当な残業にはきちんと残業代が支払われるべきです。

しかし、そうではないケースも存在します。
正規の就業時間中にわざと仕事を完了させなかったり、残業時間を改ざんしたりして不当に残業代を稼ごうとする社員がいます。

この記事では、残業にまつわる不正行為の疑いがあったとき、どのような調査をおこなえばよいかを紹介します。

社員が残業代を不当請求するケース

仕事量はそんなに多くないはずなのに、いつも残業になってしまう社員はいないでしょうか。
パソコンに向かって一生懸命業務をやっているふりをして、実は隠れてゲームをしたりネットサーフィンをしたりしている場合があるのです。
後ろに人が来ても、ウィンドウを最小化すればうまくごまかせます。

また、すぐに終わるような簡単な書類の作成でも、キータッチをしているようで全然入力を進めない社員もいるかもしれません。

そんな調子では当然ながら定時を過ぎても仕事が終わるはずはなく、「今日も残業か」と困ったような顔をして会社から残業代をせしめるのは悪質なお小遣い稼ぎです。

また、部署全体がグルになって特に残業らしい仕事もせず業務終了後も居残ってタイムカードの記録を遅らせるケースや、実際は帰宅していた時間に残業をしたかのように残業時間を改ざんするケースもあります。

上司が残業時間を改ざんするケースも

正当な残業であっても、上司が残業と認めず残業時間を記録させない事例があります。
定刻通りにタイムカードを押させて、その後も残業をさせるような場合です。

人件費の削減であったり、ただのパワハラであったりするなど理由はさまざまですが、残業代の未払いやサービス残業を強いることは労働基準法で禁止されています。
不正確な残業時間の記録は使用者側が従業員の労働時間を正しく管理できていないとみなされ、労働契約法に基づく安全配慮義務に違反する恐れも出てきます。

経営者の立場からすれば、行政指導や社員からの訴訟につながるリスクを放置するわけにはいきません。

放置していると「残業代が支払われないブラック企業」として、いずれは悪い評判が広まってしまい、結果として会社の信用を失います。

コンプライアンスを重視するなら残業時間に見合った残業代を社員にきちんと支払わなければなりませんから、上司のおこないをとがめるべきです。

タイムカードの記録とパソコンの使用時間の照合

残業代の不当請求や残業時間の改ざんなどがないか調査したい場合、タイムカードに押された記録の裏取りをします。
裏取りをする方法は社員への聞き取りなどもありますが、より確実性が高いのはパソコンの使用状況を調べることです。

例えば文書ファイルを作成する際、保存時にタイムスタンプが押されます。
これをチェックすれば社員がどのくらいの仕事量をどれだけの時間でやったか推測できます。

明らかに就業時間内の作業の進みが悪い場合はただの職務怠慢の可能性が高く、故意に残業して残業代を不当請求しようという意図があるといえるでしょう。

タイムカードは定時に押されているのに、作成された文書ファイルのタイムスタンプがそれよりも遅い時間になっていたり、パソコンの起動時間が就業時間より長かったりしていれば、上司による残業時間の改ざんやサービス残業の強制がなされた可能性があります。

残業時間と残業代の請求が正当なものであるか確かめるためには、パソコンの使用状況を調査してタイムカードの記録と照らし合わせるのが効果的です。

証拠隠滅を図られてもパソコンのログ解析で不正を調査できる

勤務時間中にゲームやネットサーフィンをした痕跡を残さないよう、アプリやブラウザの履歴を消去する社員もいます。
また、作成されたファイルのタイムスタンプはツールを使えば簡単に変更できます。

 

パソコンに詳しい人なら、残業代を不当請求したり残業時間を改ざんしたりするための偽装や証拠隠滅は可能です。

 

しかし、残業時間の不正を隠す細工をパソコンに施してもログやデータが残ります。
それを解析すると、パソコンでどのような作業がいつおこなわれたかが詳細にわかります。

ゲームなどの業務に関係ないアプリケーションを起動したことや閲覧したサイトの履歴データ、タイムスタンプの変更ログ、さらには仕事中のマウス操作やキー入力の一つひとつまで、全てパソコン内部に記憶されているのです。

ログ解析やデータ解析にはデジタルフォレンジックなどの専門技術を必要とします。
デジタルフォレンジックの技術を使えば、たとえ削除されたデータであっても復元して調査することが可能です。

正当な残業がおこなわれているかどうかはログを調べればわかる!

残業について疑わしい点があれば、まずは当事者にヒアリングをするのが先決です。

しかし、もし自覚して不正行為をおこなっているなら、本当のことを素直に語るとは限らず、むしろタイムカードを改ざんしたりパソコンの使用状況を偽装したりして、自分のおこないを隠そうとしているかもしれません。

残業代の不当請求や残業時間の改ざんについての真実はパソコンのログを解析すれば判明します。
確かな証拠をつかむためにはパソコンのログを調査するのがおすすめです。

デジタルフォレンジックを用いた社内監査の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、デジタルフォレンジック24へお問い合わせください!



-実績, デジタルフォレンジック, セキュリティ対策, データバックアップ, バックアップ方法, ハードディスク(HDD), パソコン(PC), Mac, サーフェス(Surface), データ保全
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

デジタルフォレンジックとは

Contents1 デジタルフォレンジックの意味2 デジタルフォレンジックの意味3 デジタルフォレンジックが必要になるケース4 デ…

続きを読む

中小企業が知っておきたい!セキュリティトラブル事例と対策

中小企業でも重要なデータを日々扱っています。セキュリティ対策はどの企業でも必要なものです。 業務中に起こりうるトラブルを事前に把握…

続きを読む

あると安心!パソコンを丸ごと複製しよう!

Contents1 データの保存方法はコピーだけじゃない?2 データのバックアップはどんなものがあるの?2.1 各種バックアップ方…

続きを読む

【実例】退職者が機密情報を持ち出し!削除されたメールを復元!

    Contents1 退職者の不正によって蔓延する情報漏洩1.1 建設業の事例1.2 社内で何とかしよう…

続きを読む

「クローンサービス」とは?~愛知県内での実例~

Contents1 ハードディスクの「クローン」とは?1.1 クローンサービスの実例・愛知県内の工場からの依頼1.2 ハードディス…

続きを読む