退職した社員がメールを削除していった本当の理由が怖い – デジタル フォレンジック | forensic24 セキュリティ 証拠データ 不正アクセス 情報漏えい対策

実績 データ復旧の技術 デジタルフォレンジック セキュリティ対策 コンピューターウィルス サーバ ハードディスク(HDD) パソコン(PC) Mac サーフェス(Surface) クローン

退職した社員がメールを削除していった本当の理由が怖い

投稿日:2019年8月30日 更新日:

退職者が使用していたパソコンのメールを全て消していった。その理由…

某医療関係会社 営業部

社員の山田久樹(仮名)さん(28歳)が退職することになり、引き継ぎを行っている最中のこと。
パソコンをチェックする事になった部長の吉田輝彦(仮名)さん(43歳)は、メールのデータが全て消えていることに気づきました。

当の本人である山田さんに確認すると、自分で消したとのこと。
次にこのパソコンを使用する人の為にした事で、引継ぎの一環だと言うのが彼の意見でした。

普段から、小さなミスや良かれと思ったことが裏目に出るような印象の社員だったので、吉田部長は悪気が無いことを察しました。

データを消した退職間近の社員。
本人の発言では、良かれと思って消してしまったとのこと。
「退職する社員に対して、指導をしても仕方ない…」
そう思った吉田さんは特に追及することも無く、山田さんはそのまま退職していきました。

吉田部長は、不正なやり取りを疑った訳ではないのですが、念のため復旧ソフトを利用して復元を試みることにしました。

しかしデータは出てこない…

山田さんは悪いことをするような人柄ではなく、メールを消した経緯も引き継ぎの一環と言っていた。
しかたないか…と吉田部長はメールの復元を諦めてしまいました。

山田さんの人柄から不正なメールのやり取りが無いと信じ、
深入りすることなく終わらせることにした吉田部長。

しかし、実際にあったのは不正な取引。

会社の顧客個人情報をライバル会社へ売買する証拠となるメールが存在しました。

ここで改善すべき点は【人柄だけで信用をしない】という事。

それが重要です。事実を確認することが大事です。

いつも笑顔で優しいとか、いつも真面目な仕事ぶりだとか、確かにそれも事実です。

しかし、メールを削除した理由については、実際にメールを見てみないとわかりません。

吉田部長は、自分なりに事実確認をするため、復元ソフトを購入し復元を試みました。
しかし復元は上手くいかず、山田さんの人柄なら大丈夫だろうと思い込み、諦めてしまった。

実は、現代社会において、大手企業・中小零細企業問わずこの問題は多発しています。
そのため、こういった問題のメールデータに関しては、復元のプロが存在します。

行き詰ったら一度、プロに相談をするべきです。

なぜなら、最悪の場合には会社倒産の危機もはらんでいるからです。

「以下よくある相談」
・社員が重要なメールを間違って完全消去してしまった!
・フリーの復元ソフトではうまくいかなかった…
・ある企業様の社員が取引先との重要なメールを誤って削除してしまった。
・ゴミ箱からも消してしまったので完全に削除された状態だった。
・フリーで配布されているソフトウェアを使用したが復元できなかった。

今回の吉田部長の事例では、弊社の技術によって復元作業を行い、削除されていたメールを復元。
無事にお客様にお渡しするところまで完了しました。

メールデータ(Outlook)を復旧させる技術とは?

今回、メールデータを復元するにあたり、どのようなことが行われたのでしょうか。
復元の決め手となった3つのポイントをご紹介いたします。

①Outlookの圧縮.pstファイルからのメール復元

今回の退職した社員である山田さん(仮名)は、メールの送受信にoutlookを使用していました。
Outlookでは、「.pstファイル」と呼ばれるメールの圧縮データがあります。

デジタルフォレンジックの技術を使うと、
圧縮されたファイルから
メールデータを1つずつ復元させることが可能です。

この技術は一般のデータ復旧会社では持ち合わせていません。

この高度な技術を用いることで、
消失してしまった、もしくは破損してしまった圧縮ファイルからメールデータを抽出いたします。

②大量のメールデータから、送受信相手を特定

パソコンを初期化するということは、メールデータも消えています。
仮に高度な技術を用いてメールデータの復元に成功したとしても、
大量のメールデータから証拠となるメールを探し出さないといけません。

デジタルフォレンジックでは、
こうした大量のデータからピンポイントで送受信相手を特定し、
証拠となるメールを掴む作業を行います。

今回の調査では、事前ヒヤリングに基づき、
ターゲットを絞って効率的に解析を行うことができました。

③メール本文、タイトルに記載されているキーワードを特定

デジタルフォレンジックの技術では、
大量のメールデータの中から
不正行為の文面で使われていた
特定のキーワードを抽出することも可能です。
こちらも事前ヒヤリングに基づき効率的にメールデータを選別、抽出いたしました。

またメールの本文だけでなく、添付された顧客情報ファイルといったように、
メールデータに含まれる添付ファイルも対象として解析が可能です。

 

Outlook以外でも復旧はできるの?

それでは、Outlook以外のメールソフトでは復元はできるのでしょうか。

GmailやYahooメール(ヤフーメール)のようなクラウドサービス系メールへの対応は難しいですが
今回の事例であるOutlookのように、
端末側にデータが残るメールクライアントなら
デジタルフォレンジックの技術によって復元が可能です。

そのほか、メールソフト以外の要素で押さえておきたいポイントを挙げてみます。

 

Q.送信済みメールや迷惑メールフォルダなどをピンポイントで調査することは可能?

A.復元技術のきちんとした会社なら十分に可能です。その場合、欲しい内容を調査前に事前に伝えるようにしましょう

 

Q.削除したか定かではないが、メールソフト内に空のフォルダがある。削除メールとして取り扱ってもらえるか?

A.対応は十分に可能です。その場合、やはり心当たりのあるキーワード(メール本文などに含まれていた文字列)があると、対応もスムーズです

 

Q.削除済みアイテムフォルダ、削除済みアイテムのフォルダそのものがない! 対応は可能?

A.メールソフト(メーラー)のバージョンや種類によって表記はさまざまですが、調査そのものは可能です。

 

Q.スマートフォンや携帯電話(ガラケー)の復元は可能? また、携帯メール(Softbankメール、ソフトバンクiPhone eメールなど)や、Cメールの復元は可能?

A.スマートフォン等のモバイル端末は、現在でも復元技術や復元方法が限られており、難しいケースがあります。
機種によっては対応可能なケースも十分にありますので、一度お問合わせしてみることをオススメします。

 

Q.社内ではPC版WebメールGmailを使用している。どうしてもGmailやyahooメールからデータを取り戻したい!

A.技術革新により、WinPC版ブラウザメールGmailから復元に対応できるケースもございます。一度、相談してみると、新たな糸口が見つかるかもしれません。

 

調査会社を選ぶときのポイント

メールフォレンジック調査を行うようなインシデントは、
最終的に法的手続きまで必要になることも少なくありません。

そのために、必要なポイントが3つあります。

①データを改変せずに複製する技術を持つ会社を選ぶべき
弊社では、クローンサービスがございます。気になることはこちらをご覧ください。
クローンサービス(CHRONO DATA)のホームページはこちら                                                                                

②法執行機関へ証拠として提出できる証明書の発行ができる
復元したデータや調査内容などを書面にて提出することが可能であり、証拠として証明ができることが重要。警察などの捜査機関でも重要視されます。

③会社自体のセキュリティ面
ISO27001やプライバシーマークの所得、機密保持を結ぶことができるかなど確認が必要です。

 

特に重要なことですので、気になることは確認の上、依頼をするようにしましょう。

退職者の不正調査なら・・・

いかがでしょうか。
今回の事例ではデジタルフォレンジックの技術を用いて
メールデータの調査や解析を行いました。

デジタルフォレンジックでは、
こうしたメールの調査や解析のみではなく、
操作履歴の復元・調査やパスワードの解除なども行っています。

(詳細はこちら)

お困りごと、疑問やご質問などありましたら、
デジタルフォレンジック24までお気軽にお問い合わせください!


 

選ぶなら安心信頼の技術

一つでも多くの確かな証拠データを割り出すために、信頼の技術力を持った当社をお選びいただくことをおすすめいたします。

デジタルフォレンジック24は

特急データ復旧ウィンゲットが運営しています

データ復旧の実績
累計60,000件
データ復旧専門10 年以上の経験で培った高度な技術と、信頼のサービスでお選びいただいております。出張サービスを業界内でもいち早くスタートさせ、お客様のニーズに合わせたサービスでご満足いただいております。
特急データ復旧ウィンゲット公式サイトはコチラ

 

オフィスは主要都市に6拠点
全国に受付窓口が185箇所あり

弊社は北海道(札幌)、東京都(秋葉原)、神奈川県(横浜)、愛知県(名古屋)、大阪府(梅田)、福岡県(博多)に6店舗がございます。
また弊社は受付窓口として全国に185箇所代理店がございます。
PCの調査で、どのようなことができるのかご不明点やご不安点を解決いたします。 お近くで相談されたいお客様は、ご予約のうえ、ご来店ください。

店頭では、デジタルフォレンジックのご相談を伺い、専門スタッフがお客様のご要望に合わせたサービスをご提案いたします。

店舗への来店が難しい地域の方々には、上記店舗へ機器を郵送していただく【郵送受付】も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。

札幌市中央区南1条西10-4-167
小六第一ビル 6F
直通TEL:011-272-0600


大きな地図で見る

東京都千代田区神田須田町2-7-3
VORT秋葉原ビル5F
直通TEL:03-6206-0970


大きな地図で見る

横浜市中区扇町1-1-25
キンガビル4F
直通TEL:050-2018-0428


大きな地図で見る

名古屋市中村区名駅2-38-2
オーキッドビル 5F
直通TEL:052-414-7561


大きな地図で見る

大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル 7F
直通TEL:06-6131-8423


大きな地図で見る

福岡市博多区博多駅南1-3-6
第3博多偕成ビル 11F
直通TEL:092-452-7705


大きな地図で見る

全国の受付窓口


 



-実績, データ復旧の技術, デジタルフォレンジック, セキュリティ対策, コンピューターウィルス, サーバ, ハードディスク(HDD), パソコン(PC), Mac, サーフェス(Surface), クローン
-, , , ,

執筆者:

関連記事

デジタルフォレンジックの調査事例紹介

Contents1 会社の更衣室からカメラが見つかった2 記録するためのMicroSDが抜き取られていた3 デジタルフォレンジック…

続きを読む

業務委託の不正でPCのデータ削除?デジタルフォレンジックで解決!

政府が推進する「働き方改革」により、業務委託としてリモートワークに従事する労働者の数が増えています。企業が在宅ワーカーに外注するメ…

続きを読む

暗号化キーを無くした場合、そのデータはもう一生見れないのか?

Contents1 暗号キー(パスワード)を忘れた、紛失した場合、データは見れるの?1.1 暗号化とは?1.2 対応ソフト一覧2 …

続きを読む

BitLockerから突然回復キーを求められて解除できない場合の対処方法

Contents1 知らないうちに勝手にBitLockerがかかる現象が発生2 BitLockerとは何?2.1 回復キーがわから…

続きを読む

【メール不祥事】デジタルフォレンジックで不正や犯罪を見抜く

デジタル時代が到来して久しく、パソコンやインターネットを利用した犯罪が珍しくなくなりました。 社内で発生する不正行為にも、何らかの…

続きを読む