SSD換装の方法と注意点について – デジタル フォレンジック | forensic24 セキュリティ 証拠データ 不正アクセス 情報漏えい対策

実績 データバックアップ バックアップ方法 SSD パソコン(PC) サーフェス(Surface) クローン データ保全

SSD換装の方法と注意点について

投稿日:

現在のPC環境について

ほとんどのPCでまだHDDを使用していることでしょう。
安価で大容量なHDDが未だに主要な記憶媒体なのが現状です。

しかし、HDDではPCの性能を最大限発揮することができなくなってきています。メニーコアになったCPUを活用するために、同時にいくつもアプリを起動しているとHDDでは速度の低下が発生し、作業効率が落ちます。
また、経年劣化により速度低下が発生し、購入時の頃とは比べ物にならないくらい起動に時間がかかってきているのではないでしょうか。

なぜSSDに換装するのか

HDDで発生している速度低下問題の解決のために、SSDへ換装するのです。SSDがHDDよりも速度が早いことはご存知の方も多いと思います。
HDDで発生する速度低下問題がSSDで発生しないのはなぜなのか。

それは、HDDとSSDの構造の違いによります。
HDDは磁気でデータを保存するため、磁気ヘッドという部品がデータの読み書きを行います。そのため、長時間稼働することで磁気ヘッドが劣化し読み書きの速度が低下するのです。
それに対してSSDは電気でデータを保存します。劣化する部品がないために速度低下も発生しません。

しかし、永久に使用できるわけではありません。
SSDには書き込みできる限界数が存在しており、限界に達すると使用できなくなります。また、当然ですが物理的に破損させても使用できなくなります。

SSD換装方法

それではHDDからSSDへ換装するにはどうすればよいのか。
方法は大きく分けて2つあります。

■バックアップ
HDDのデータをバックアップし、そのデータをSSDに移行する
この方法の場合、インストールしたアプリなどは起動しない可能性が高くなります。
また、OSを新たにインストールする必要もあり、あまりオススメしません。

■クローン
HDDのクローンをSSDにとることで、環境ごと移行できます。
この方法の場合、新しくOSのインストールも必要ありませんし、バックアップではできなかったアプリの起動も問題なく可能となりますので、こちらをオススメいたします。

しかし、クローンをとるには専用のソフトや機材が必要となりますので、あまり詳しくない方はご自分で行わないようにしましょう。間違って、クローンを逆にしてしまうと全データが消失いたしますので、ご注意ください。

SSD換装時の注意点

SSDに換装して速度改善を行いたいと思われた方も多いと思います。そこで、SSDに換装する際の注意点をお伝えします。

・現在使用中のPCがSSDに対応しているのかを確認しましょう。

ネットやお店で見つけたSSDが対応しているのかを確認しておきましょう。購入しても応していないため使用できないということが起きてしまいます。
そのため、SSDの接続方法に注意しましょう。

下記に一般的な接続方法についてご説明します。
・SATA:最も一般的に使用しているため、ほとんどのPCで扱うことができます。
・M.2:高速なSSDはこの規格ですが、古いPCの場合は対応できないことが多々あります。

SATA接続のSSDでしたらほとんど問題なく使えることでしょう。
注意が必要なのが、M.2接続のSSDとなります。

現在、超高速なためこちらのSSDをお求めになる方も多いと思いますが、Windows7搭載のPCではほとんど対応していません。

SSD換装でお困りのときは

SSD換装の方法や注意点について書いてきましたが、SSD換装を行うためには専用知識がどうしても必要となってきます。
PCについてあまり詳しくないけどSSDに換装して環境改善を行いたい方は専門家に任せましょう。

CHRONO DATAではクローンサービスを行っております。
法人様からの複数台同時ご依頼も対応可能です。
お困りの際はお気軽にご相談ください。

 

 



-実績, データバックアップ, バックアップ方法, SSD, パソコン(PC), サーフェス(Surface), クローン, データ保全
-, , ,

執筆者:

関連記事

Excelのパスワードを忘れてしまった!解除方法は?

Excelをビジネスで使用する際、閲覧制限をもたせるためにパスワードをかけて保護することができます。   Content…

続きを読む

デジタルフォレンジックで社員のインターネット閲覧履歴を調査する

Contents1 デジタルフォレンジックで社員のインターネット閲覧履歴を調査する2 監査対象となる社員の不当な勤務実態の事例3 …

続きを読む

フォレンジック調査を検討する上で大切な2つのポイント

Contents1 PCの不正使用のフォレンジック調査を依頼したいお客様の事例2 重要① フォレンジック調査にはHDDの保全が必要…

続きを読む

退職者に消去(初期化)されたデータの調査・復元は可能?

Contents1 退職者に在職中に使用していたPCを初期化(データ消去)された2 どんなメールなら調査・復元することができるのか…

続きを読む

Googleドライブ、OneDrive等のクラウドは調査可能?

Contents1 クラウド上のデータを調査・解析・復旧することはできますか?2 Googleドライブのアップロード履歴が消えてい…

続きを読む