PGPの暗号化を解除するには – デジタル フォレンジック | forensic24 セキュリティ 証拠データ 不正アクセス 情報漏えい対策

実績 デジタルフォレンジック セキュリティー対策 暗号化解除

PGPの暗号化を解除するには

投稿日:

PGPとは

PGP(Pretty Good Privacy)は、暗号化ソフトウェアです。
 
メールを暗号化したり、電子署名に使用したりすることで海外ではよく使われる方法です。
事前にPGPで用意した『秘密鍵』『公開鍵』をやりとりする当事者同士が交換し、復号化の際に、鍵が合致することで開く事ができるものです。
 

PGPの使い方

PGPでメールなどを暗号化する場合、暗号化に必要な『公開鍵』、暗号化を復号するための『秘密鍵』、さらに、やりとりする者同士がPGPのソフトを持っていること、この3つが暗号化をやりとりするために必要になります。
 
公開鍵、秘密鍵は、PGP暗号化ができる専用ソフトを使い、生成することができます。
 
 

PGPの暗号化解除の仕組み

例えば、東京本社のAさんが、大阪支社のBさんにある機密情報のファイルデータをメールに添付して送りたいと思っています。
 
  1. Bさんの『公開鍵』を使い、Aさんがデータを暗号化します。
  2. Aさんは暗号化ファイルを、Bさんにメール送付します。
  3. Bさんは受け取った暗号化ファイルを、自分の『秘密鍵』を使い、復号という操作を行います。

Bさんの『公開鍵』で暗号化されたファイルは、『ペア鍵』である、Bさんの『秘密鍵』がないと復号ができません。復号する鍵を持っていない場合、特殊な方法を使い、暗号化を解くという大変な作業が必要になります。

 

鍵を無くした場合の対処

『公開鍵』または『秘密鍵』のどちらかを忘れてしまった場合、PGPで暗号化したデータは、復号することができません。
 
『公開鍵』を無くした場合は、以前暗号化したファイルをやりとりしたことがある相手が、鍵のパスワードを残していないか尋ねてみましょう。
 
または、『公開鍵』のマスターキーがあれば、無効化することで復号の必要がなくなります。
ただし、『秘密鍵』を無くした場合、自分しか知らない鍵となるため、鍵がないと解除はできなくなります。
 

PGPの暗号化解除したい場合

暗号化解除の専門業者に依頼しましょう。
『公開鍵』と『秘密鍵』がなくても、該当するファイルの暗号化を解析して復号することができる可能性があります。相談してみるのも手です。
 

-実績, デジタルフォレンジック, セキュリティー対策, 暗号化解除
-, ,

執筆者:

関連記事

退職者に消去(初期化)されたデータの調査・復元は可能?

Contents1 退職者に在職中に使用していたPCを初期化(データ消去)された2 どんなメールなら調査・復元することができるのか…

続きを読む

退職者がデータを持ち出した?サイバー攻撃!?大企業で起きたフォレンジック調査事例

大企業様で実際に起きた、デジタルフォレンジック調査の事例をご紹介します。 Contents1 故意に消された顧客情報1.1 退職者…

続きを読む

サイバー攻撃を受けないための対処方法とは

Contents1 サイバー攻撃は日本でも起きている2 サイバー攻撃の目的とは3 サイバー攻撃は犯罪です4 サイバー攻撃による被害…

続きを読む

【実録・建設業様への暗号化サーバ データ復旧】 IT管理者必見!暗号化の落とし穴!!

Contents1 建設業の法人様に起きた悲劇とは?1.1 そもそも暗号化とは?1.2 データにアクセスできなくなった建設会社様の…

続きを読む

BitLockerから突然回復キーを求められて解除できない場合の対処方法

Contents1 知らないうちに勝手にBitLockerがかかる現象が発生2 BitLockerとは何?2.1 回復キーがわから…

続きを読む