BitLockerから突然回復キーを求められて解除できない場合の対処方法 – デジタル フォレンジック | forensic24 セキュリティ 証拠データ 不正アクセス 情報漏えい対策

デジタルフォレンジック パソコン(PC) サーフェス(Surface) 暗号化解除

BitLockerから突然回復キーを求められて解除できない場合の対処方法

投稿日:2019年4月1日 更新日:

知らないうちに勝手にBitLockerがかかる現象が発生

BitLockerを有効化した覚えがないのに、Windowsログイン前に回復キーの入力を求められ、回復キーがわからず困ってしまうことが発生しているのをご存知でしょうか?
この障害はWindowsのアップデート時やBIOSの不具合で発生することがあるようです。
特にWindows10で多く発生しております。

この現象が発生すると、Windowsにログインできなくなり、お使いのPCが使用できなくなる最悪の症状です。

BitLockerとは何?

そもそもBitLockerって何のこと?BitLockerとはWindowsに標準で備わっている暗号化機能のことです。
Windows Vistaから搭載されました。

HDD全体を暗号化し取り外して別のPCからデータを見られなくするものです。 回復キーという48桁の数字を知っている人しか解除できません。

 

回復キーがわからないとどうなるの

回復キーは48桁の数字で構成されています。 OSが入っているCドライブにBitLockerをかけてしまうとログイン時に回復キーを求められるのです。
回復キーがわからないと当然ログインできなくなります。

回復キーがわからない時の対処方法

まず、WindowsのログインユーザーがMicrosoftアカウントと連動しているかが重要になります。

Microsoftアカウントでログインしている場合は、オンラインのMicrosoftアカウントにサインインし、 「BitLocker 回復キー」にアクセスすることで確認することができます。
しかし、Microsoftアカウントと連動していないユーザーはこの方法が使えません。

ローカルユーザーの場合でも可能性はあります

Microsoftアカウントでログインしていないローカルユーザーでもまだ可能性があります。
ただし、ログインできる状態であることが条件となります。

ログインできない場合は、数字48桁の回復キーを総当たり攻撃するしか解析方法はありません。そのため、非常に時間がかかります。年単位の期間が必要となりますので、実質不可能と言えます。

そもそもBitLockerが勝手にかからないようにするには

Windows7などからWindows10へアップグレードした場合でも、Microsoftアカウントと連動するようにしましょう。
Microsoftアカウントと連動していれば、万が一の場合もオンライン上で確認ができます。 BIOSのTPMを無効にすることも防止策になるようですが、こちらは上級者向けです。

また、誰でもできる対策として最初からBitLockerを有効にすることも一つの防止策となります。 回復キーがわからないことが一番の問題ですので、自分でかけてしまえば回復キーを知ることができます。
自分でかけた回復キーを忘れてしまう、失くしてしまうことも人間ですので発生するでしょう。

その場合は、弊社にご相談ください。解決できる可能性があります。

ANKAIサイト
http://www.ango-kaijo.com/

 

-デジタルフォレンジック, パソコン(PC), サーフェス(Surface), 暗号化解除
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

SSD換装の方法と注意点について

Contents1 現在のPC環境について2 なぜSSDに換装するのか3 SSD換装方法3.1 SSD換装時の注意点4 SSD換装…

続きを読む

フォレンジック調査を検討する上で大切な2つのポイント

Contents1 PCの不正使用のフォレンジック調査を依頼したいお客様の事例2 重要① フォレンジック調査にはHDDの保全が必要…

続きを読む

Windowsのログ情報でわかることはどんなこと?

  Contents1 Windows上で操作した記録はどうなっているのか1.1 Windowsのログ確認及び保存方法2…

続きを読む

デジタルフォレンジックで社員のインターネット閲覧履歴を調査する

Contents1 デジタルフォレンジックで社員のインターネット閲覧履歴を調査する2 監査対象となる社員の不当な勤務実態の事例3 …

続きを読む

閲覧履歴や起動ログから不正調査が可能なデジタルフォレンジック

Contents1 閲覧履歴や起動ログから不正調査が可能なデジタルフォレンジック2 デジタルフォレンジック調査実例「インターネット…

続きを読む