Excelのパスワードを忘れてしまった!解除方法は? – デジタル フォレンジック | forensic24 セキュリティ 証拠データ 不正アクセス 情報漏えい対策

実績 暗号化解除 パスワード解除 データ保全

Excelのパスワードを忘れてしまった!解除方法は?

投稿日:2019年3月30日 更新日:

Excelをビジネスで使用する際、閲覧制限をもたせるためにパスワードをかけて保護することができます。
 

パスワード保護でできること

  • Excelのファイル自体にパスワード保護
  • Excelのファイル内のシートごとにパスワード保護
社内だけでなく、外部スタッフとの共有など、限られた人だけに閲覧できるようにするために『パスワード』をかけることができます。
 
ファイルを開く際に、パスワードを入力しないと開くことができません。
ファイル自体、全体にかけることもできれば、シートごとにかけることも可能です。
 

パスワードのかけ方

  1. 作成したExcelファイルから「名前を付けて保存」をクリックする。
  2. 右下にある「ツール」から「全般オプション」をクリックする。
  3. 「ファイルの共有」欄の「読み取りパスワード」ボックスと「書き込みパスワード」ボックスに任意のパスワードを入力して、「OK」をクリックします。
    ※ 読み取りパスワードと書き込みパスワードは、個別にパスワードを設定することもできます。
  4. 「ファイル名」ボックスに任意のファイル名を入力して、「保存」をクリックします。

パスワードを忘れてしまった場合

 
パスワードを忘れてしまった場合、思い当たるパスワードを入力してみましょう。
 
それでも開かない場合には、Excelのパスワード解除ができる専門業者へ依頼してみましょう。
 
 

パスワード解除の依頼方法

  1. パスワード解除専門業者へ申し込みを行う。暗号化解除ANKAI
  2. パスワードを忘れてしまったExcelファイルを準備し、送付する。
  3. 解除作業が行われ、パスワードが納品される。
パスワード保護されたExcelファイルを、開けず諦めることで利益損失が起きるのであれば、専門業者へ依頼することをオススメします。
 
従業員や退職者によるExcelデータの不正利用を疑う場合にも、パスワード解除は有効です。
 
不正利用が万が一あった場合に、損害賠償請求を行いたい場合には、証拠保全だけではなく、対象の従業員や退職者にまずデータ改ざんや不正行為をしていないという誓約書を取り付けてから、証拠保全を行いましょう。

-実績, 暗号化解除, パスワード解除, データ保全
-, , , ,

執筆者:

関連記事

暗号化されたパソコンが故障?データは取り出せるのか!?

  Contents1 暗号化とは?2 「Check Point」で暗号化されたPCが突然故障!?2.1 HDDに物理障…

続きを読む

退職者によるデータ持ち出し?情報漏洩の対処方法とは?

Contents1 情報漏洩は企業の身近なトラブル2 情報漏洩による損害賠償請求とは?3 情報漏洩のケースとは?3.1 海外支店を…

続きを読む

企業で起きた暗号化解除事例

Contents1 事例1:暗号化された顧客情報の調査1.1 管理者不在の顧客情報が暗号化1.2 PGPで暗号化されていた1.3 …

続きを読む

退職社員がメールを削除していった本当の理由が怖い

Contents1 退職者が使用していたパソコンのメールを全て消していった。その理由‥‥2 メールフォレンジックの調査 注意事項3…

続きを読む

パスワード解除ができるデジタルフォレンジックとは

Contents1 パスワード解除について2 パスワード解除はどうやるの?2.1 デジタルフォレンジックでパスワード解除する2.2…

続きを読む